RX-8 DIY
RX-8DIY

RX-8のホイールキズ補修

RX-8のホイールキズ補修

RX-8のホイールのキズの補修を行います。

RX-8のホイールについたキズは、応急処置としてリムステッカーで隠すことができます。

しかしこのまま放置もどうかと思うので、きちんと補修したいと思います。

まずはステッカーはがしをを使い、RX-8のリムステッカーを剥がします。

そしたら、シートで全体的に汚れを取ります。

サンドペーパーを使って研磨します。

100、320、600、1000の順番に使っていきましょう。

磨いたら、再びシートを使って汚れを落としておきます。

シリコンリムーバーで油脂を取ります。

さらにマスキングします。

アルミパテの本剤と硬化剤を同量で出し、ヘラで混ぜます。

これを補修箇所に塗ります。

しばしの間、硬化するのを待ちます。

一日おいておけば、アルミパテはカチコチに固まってくれます。

この上にリムステッカーを張り、隠すという方法もありますが、今回は塗装を行います。

タッチペンのチタニウムグレーを使用し、塗装を行います。

タッチペンをスプレー化するために、エアータッチも入手する必要があります。

タッチペンを使うと、狭い範囲で出るし、薄く塗れるので作業が簡単になります。

塗装の方法としては、まずマスキングをして、プラサフ、乾いたらサンドペーパーで研磨します。

600から1000へと研磨します。

さらにボカシて、数回に分けて塗装します。

さらにクリア、ボカシ。

乾いたらマスキングを剥がして、段差があるところがあれば再塗装します。

良く乾かしてからコンパウンドで磨いたら、RX-8のホイールのキズ補修は完了となります。

カテゴリー:

オリジナルパッケージ
プロフィール

RX-8 SE3P DIY


special link:FT-86情報サイト