RX-8 DIY
RX-8DIY
DIY

RX-8 バッテリー取り外し方法

RX-8のバッテリー取り外し方法です。RX-8のバッテリーは一般的な車両の位置(エンジンルーム向かって右側)ではなく、エンジンルーム中央左側になっています。

RX-8バッテリー取り外し方法

まず、エンジンカバーを取り外します。

まず、エンジンカバーを取り外します

次に、バッテリー上部のカバーを取り外します。

バッテリー上部のカバーを取り外します

カバーを取り外すとバッテリーが出現します。

カバーを取り外すとバッテリーが出現します

次に、マイナス端子のボルトを緩めます。

マイナス端子のボルトを緩めます

固定ボルトを緩めたらマイナス端子を取り外します。

固定ボルトを緩めたらマイナス端子を取り外します

マイナス端子を取り外したら、ビニールテープなどで絶縁しておきます。

マイナス端子を取り外したら、ビニールテープなどで絶縁しておきます

念のためバッテリー側も絶縁しておきます。

念のためバッテリー側も絶縁しておきます

次に、プラス端子側のカバーを取り外します。

次に、プラス端子側のカバーを取り外します

次に、プラス端子側のカバーを取り外します。

次に、プラス端子側のカバーを取り外します

プラス端子もマイナス端子同様に取り外します。

プラス端子もマイナス端子同様に取り外します

バッテリーのプラス端子とマイナス端子を取り外したら、バッテリーを固定しているステーを取り外します。

バッテリーを固定しているステーを取り外します

ステーを取り外したら、バッテリーを引き上げます。

ステーを取り外したら、バッテリーを引き上げます

ステーを取り外したら、バッテリーを引き上げます。

ステーを取り外したら、バッテリーを引き上げます

これでバッテリーを取り外すことができました。取付けは逆の要領で取り付けることができます。

バッテリーを取り外すことができました

カテゴリー:DIY

オリジナルパッケージ
プロフィール

RX-8 SE3P DIY


special link:FT-86情報サイト